会社設立にかかる印紙代

会社設立するとき、かかることが多いのがこの印紙代です。
ここで必要な印紙代とは、定款に貼りつける収入印紙代のことですね。
定款は印紙税の対象となる文書で、コレを作ったら課税額分の印紙を貼りつける必要があるんです。
その金額は4万円分と、安くはありません。

名古屋で会社設立するとき、この印紙代について考えたいことは、コレを払わなくていい方法を使うかどうかです。
その方法を使えば、会社設立にかかる費用から印紙代がなくなります。
つまり4万円ほど節約になるんですね。

その方法とは、定款を電子文書にするものです。
定款に収入印紙が必要なのは、これが印紙税の対象文書になるからでしたね。
この税金の対象となるのは、紙の文書です。
同じ課税文書でもそれが電子文書だったら、印紙税の対象外になります。
つまり同じ文書を作っても、それを紙で作れば印紙が必要になりますが、電子文書なら不要になるんですね。
定款はまさにこのような文書で、電子文書で作れば収入印紙が不要になるため、会社設立にかかる費用も減らせるわけです。
そのため、この方法を使うかどうか、検討される方は多いですよ。

ただし、知っておきたいのは、電子定款は作成が難しいことです。
作るためには特定のPCソフトのほか、ハード面でも準備物があります。
これらの用意にお金がかかる場合もありますから、こちらを選べば絶対にお得とは限りません。
これら準備物にかかる費用で、結局4万円近くかかる例もあります。

これら準備物を用意せずに電子定款を作る方法は、代行サービスに作ってもらうことです。
これなら特別な環境がない方でも電子定款が簡単に手に入りますが、その代わりに代行サービスへの手数料がかかります。
これがいくらかかるかで、この方法がお得かどうかが決まりますね。

このように印紙代は電子定款を選ぶことで節約できますが、それが本当にお得かどうかは、慎重な判断が必要です。
名古屋で会社設立する際も、どちらの方法を選ぶか、一度考えてみるといいですよ。
ちなみに、定款は紙で作る方が簡単で、手続きもシンプルです。
収入印紙代はかかりますが、こちらを選んでも問題はありません。
手続きを簡単に済ませたいなら、印紙代を負担して紙の定款を作るのもいいでしょう。