必要な資本金はいくら?

名古屋で実際に会社設立するとき、資本金の金額を決めないといけません。
これは定款にも記載が必要ですし、起業の際には基本的に考えるべき条件の1つですね。
最低限必要なその金額は、1円だけです。

最近の会社は1円でも作れるとよく言われますよね。
その理由が、この資本金の最低金額です。
会社設立の手続きをする際、最低限の資本金として求められるのは1円だけです。
実際には資本金の金額は特に問わないということですね。

以前は違っており、資本金の金額にも指定があったんです。
当時の指定では、たとえば株式会社の場合は1000万円が最低金額でしたから、最低でもこの金額を用意できない方は会社設立もできなかったんです。
この条件はもうありませんので、名古屋でこれから会社設立する際も、好きな金額を資本金に指定できるでしょう。
1000万円近くの資本金を用意してもいいですし、100万円でも構いません。

本当に1円だけにしても、少なくとも手続き時に問題になることはありません。
資本金を実際いくらにするかは、会社設立時の事業計画に沿って決めるといいです。
その計画に合っている金額にするといいですね。
もちろん1円にしてもいいのですが、その後の経営のことを考えると、資本金が1円だけでは難しいことも多いです。

よくあるデメリットが、融資が難しくなることです。
会社設立後、銀行でお金を借りたくなることもあるでしょうが、このときは必ず審査があります。
この審査で見られるポイントはいくつかありますが、資本金はこのポイントに含まれます。
資本金とは会社の自己資金のことで、会社の体力とも言われます。
これがたくさんあれば、たとえ少し事業に失敗しても、その資本金から借金を返済できます。
それだけ返済を信用できるんですね。
つまり資本金が極端に少ないと、事業に成功しない限り返済が難しいことを意味しますから、それだけ貸す側にとってリスクになり、審査の通過が難しくなるんですね。

このように資本金が少ないと経営は厳しくなります。
名古屋で会社設立する段階では特に問われない金額ですが、半年から1年は無収入でも倒産しないくらいの資本金があるとベターです。