取引銀行の選び方

これから会社設立するとき、どこかの銀行を取引先に選ばないといけません。
名古屋には比較的多くの銀行がありますから、都合のいい銀行を選ぶといいでしょう。
ここで選ぶ銀行でやることは、法人用口座の開設です。
会社の情報を見たとき、主要取引銀行といった欄を見たことはありませんか?
あそこで名前が載っている銀行に、その会社の法人用口座があることが多いですね。

会社を運営する上で、この法人用口座は大事です。
一般ユーザーや法人と取引をする中で、料金の受け取りや支払いのため、現在は銀行口座が必要になるのが普通です。
口座を持っていないと、事業者としての健全性を疑われることにもなりかねません。
そのため、名古屋で会社設立するときは、合わせて法人用の口座も開設しておきましょう。

ここで選ぶ銀行ですが、特に指定はありません。
これから作る会社にとって都合のいい銀行を選べばOKです。
たとえば会社の本社所在地の近くにある銀行を選ぶといいです。
会社を運営する中で、実際にその銀行の窓口やATMに出かける機会は多いですから、会社から近いという条件は、意外と大事ですよ。
かなり遠方まで出かけないといけない場合、長く事業を続ける中で負担になりますから、当面の事務所とする住所からできるだけ近くにある銀行を選ぶのがオススメです。

その他の選び方でいえば、これから作る会社で考えている取引の範囲で選ぶ方法もあります。
日本全国で広く取引したいなら、都市銀行を選ぶといいです。
この銀行は日本全国を営業地域としており、大企業からもよく取引銀行に選ばれます。
全国各地、どこからでも使いやすい銀行ですから、名古屋以外の地域とも取引したいなら、都市銀行で口座を作るといいですよ。

コレに対して、基本的に名古屋以外の地域で取引するつもりがないなら、名古屋にある地方銀行を選ぶのもいいでしょう。
都市銀行に比べて営業範囲が狭いですが、名古屋に限れば問題ありません。
地域密着型の銀行として、親身に相談に乗ってくれる点もオススメです。

このように会社設立にあたって銀行とも取引の開始があります。
名古屋にある銀行の特徴や、事務所の所在地などから、取引銀行を選ぶといいです。