会社設立に必要な実印・印鑑

名古屋で会社設立するときには、どこかで必ず印鑑を用意する必要があります。
手続きを進める中で、実印が必要になるからです。
これのことも必ず考えておきましょう。

ココで必要な印鑑ですが、会社の発起人のものではありません。
もちろんそれも必要ですから、万が一まだ持っていない方は早めに用意しておくことをオススメします。
それにあわせて必要になるのが、法人用の印鑑です。
起業するこの段階で、その法人としての実印が必要になります。
これは会社設立にあたって初めて用意する方が大半でしょうから、忘れないように用意しておきましょう。

コレを用意するといいのは、定款の項目を作ったあとです。
できればその定款を公証役場や法務局、各専門家に見てもらったあとがいいですね。
ここで法人用の印鑑を作るといいのは、社名を決める必要があるからです。

法人用の印鑑には、社名も入ります。
たとえばその会社の代表者印など、見た目ではわかりづらいですが、社名がちゃんと入っているんです。
この代表者印とはその会社の実印となるもので、その会社が重要な決定をするときなどに使われます。
基本的には代表取締役が管理するもので、社員が誰でも扱えるものではありません。
同じことは、ほかの印鑑にも当てはまりますね。
銀行印やゴム印など、法人用の印鑑には社名が入ることが多いため、コレが決まらないうちは印鑑も作れません。
つまり社名が決まってから初めて作れる印鑑ですから、作るタイミングとしては定款の草案を作り、社名が確定したあとになるんです。

ちなみに社名をすでに決めている方もおられるかもしれませんが、フライングで印鑑を作るのはあまりオススメしません。
そのワケは、社名にも決め方にいくつかのルールがあり、考えていた社名が使えないケースもあるからです。
ですからその社名を使えるか、定款の草案として載せてみて、提出先の窓口等にチェックしてもらってから印鑑を作ることをオススメします。
もし使えない社名など使っていた場合、ここでNGが出ますから、それで判断してください。
このように名古屋で会社設立する際には、タイミングに注意しつつ、印鑑を作ることをお忘れなく。